Skip to content

Sakura Shader の設定方法

Sakura Shader は通常のキャラクター用シェーダーとは異なり、パーティクルライブなどの VR ライブでの使用を前提としています。
そのため、一部特殊な設定が必要となる場合があります。

Lyrics

特殊な設定は必要ありません。
なお、対象の歌詞は Blender にて出力された 3D モデルであることを想定しており、テクスチャーでの歌詞表示の場合は意図せぬ挙動を行う場合があります。

Particles

Particle System からシェーダーへとパラメータを渡すことを前提として内部処理が書かれています。
そのため、 Animation などから直接パラメータをいじることが出来ない項目などがあります。

ScreenFX, Skybox

ScreenFX シェーダーおよび Skybox シェーダーは以下の設定を行う必要があります。

  1. 大きさが約 20m x 20m x 20m なキューブまたはスフィアを用意し、アバターに設置する
  2. 上記 1 で用意した GameObject に対し、 ScreenFX もしくは Skybox を適用した Material を設定する

Stencil Write

Stencil Write シェーダーは、ステンシル機能を用いて、対象のオブジェクトを隠すシェーダーです。
以下のように使用します。

  1. 隠したいオブジェクトを十分に含むサイズの大きさのキューブなどを用意し、設置する
  2. 上記 1 で用意した GameObject に対し、 Stencil Write を適用した Material を設定する
  3. 隠したいオブジェクトの Material に対し、 Stencil の Ref 値を調整する
  4. 上記 3 で設定した Ref 値を Stencil Write 側にも設定し、 Render Queue を可能な限り小さい値に設定する
    • Sunao Shader を使用している場合は、 AlphaTest-10 あたりがオススメです。

Unlit

特殊な設定は必要ありません。


Last update: May 9, 2021 12:44:03