Skip to content

Object Fitter の設定方法

ここでは、 Object Fitter の設定方法について解説しています。

ダウンロード

BOOTH から最新の UnityPackage をダウンロードしてください。

なお、インストール方法については、こちらにて解説しています。
インストール方法で分からない部分がありましたら上記ページを参照ください。

前提条件

Object Fitter では、設定するための専用エディターを提供していますが、以下の条件を満たさないものについては、手動で設定を行う必要があります。

  1. 衣装そのものを装着するためのアバターを所持している
  2. 衣装には Armature オブジェクトと Avatar オブジェクトが設定されている
    1. Avatar オブジェクトについては、最悪ダミーでも問題はありません
  3. 一般的な Armature (ボーン構造) が定義されている

これは、専用エディターの仕組み上、素体もしくはアバターそのものからボーン情報を取得し、それを元に衣装などのボーンをマッピングしているためです。
そのため、最低限装着させるためのアバターそのものがプロジェクト内で使用可能である必要があります。

なお、推奨はしませんがすべてのボーンを手動でマッピングする場合は、アバターをプロジェクトに含める必要はありません。

導入方法 (衣装など)

ここでは、アトリエ ORCA さんのダッフルコートを例に説明していきます。
まずは衣装の Prefab をシーン内の任意の場所に設置してください。
設置したら、設置した衣装などの Prefab を展開してください

画像のハイライトしているところから Prefab の展開ができます

次に、専用エディターを開きます。
専用エディターを開くには、 Unity のメニューバーから Mochizuki/VRChat/Object Fitter/Editor を開いてください。

Info

バージョン 0.1.0-alpha.8 より前のものを使用している場合は、 Mochizuki/VRChat/Object Fitter から開けます。

開いたら、次は Object Fitter の Prefabs フォルダー内にある ObjectFitterWithButton もしくは ObjectFitterNotSyncedWithButton Prefab を任意の場所に設置してください。
この Prefab は展開しなくても問題ありません。
それぞれの Prefab の違いは以下の通りです。
なお、トライアル版の場合は、 ObjectFitterNotSyncedWithButton のみ同梱しています。

Prefab 名 同期 Scale 範囲 Position 範囲 Rotation 範囲
ObjectFitterWithButton o 0 ~ 2.55 -1.27 ~ 1.27 制限無し
ObjectFitterNotSyncedWithButton x 制限無し 制限無し 制限無し

最後に、それぞれ以下の項目を設定してください。

項目名 設定するもの
Avatar アバターデータそのもの (素体でも、素体ではないものでも)
Costume (Armature) 衣装の Armature オブジェクト
Object Fitter (Udon) ObjectFitterWithButton の中にある Cube オブジェクト

この時点で下の画像のようになっていれば問題ありません。

ObjectFitterWithButton の中にある Cube オブジェクトは下記画像の場所に存在しています。

最後に、エディター上にある「生成」ボタンを押せば、設定は完了です。

導入方法 (アクセサリーなど)

Info

この項目は、将来のリリースによって変更される可能性があります。

ここでは、てくのろじあさんのさくらアクセサリー4点セットを例に説明します。
まずアクセサリーの場合は、どのボーンへ追従させたいかを決める必要があります
詳しくは下記の注釈を参照ください。ここでは Head に追従させることにします。

Info

現時点ではここで設定したボーンに対してのみ追従するようになります。
そのため、リボンなどのような身体のどこにでも装着可能なアクセサリーの場合は現状ユーザーによっては装着感をうまく得られません。
これは将来の更新で改善する予定です。

追従先を決めたら、対象のアクセサリーをシーンの中の任意の場所に設置します。 次に、 Udon Behaviour をアクセサリーに追加し、 Program Source へと Bone Mapper をアタッチしてください。

最後に、 ObjectFitterWithButton Prefab をシーン内に設置し、位置を調節した後、 Cube の中にある Mappings に設定を行ってください。
ObjectFitterWithButton の中にある Cube オブジェクトは下記画像の場所に存在しています。

これで設定は完了です。


Last update: May 9, 2021 22:42:29