Skip to content

開発の準備

UdonRabbit Interop を用いて開発するには、以下の依存関係が必要になります。

ダウンロードとインストール

UdonRabbit Interop は、現時点で 2 種類の方法でインストールすることが出来ます。

BOOTH / GitHub Release

下記 BOOTH ページもしくは GitHub のページから、 UnityPackage をダウンロードし、プロジェクトへインポートしてください。
なおインポート時点において、 VRCSDK と UdonSharp がインポートされていなければ、参照エラーが発生します。

Unity Package Manager (UPM)

UdonRabbit Interop パッケージは、 UPM でのインストールにも対応しています。
Packages/manifest.json を任意のエディターで開き、以下のセクションを追加してください。

{
    "scopedRegistries": [
        {
            "name": "Mochizuki",
            "url": "https://registry.npmjs.com",
            "scopes": ["moe.mochizuki"]
        }
    ]
}

その後、パッケージマネージャーから UdonRabbit.Interop を追加するか、 dependencies セクションに以下を直接追加して下さい。

"moe.mochizuki.vrchat.udon-rabbit.interop": "VERSION"

Assembly Definition Files の作成と参照の追加

自身のパッケージ内部にて、 Assembly Definition Files (AsmDef) を作成し、Assembly Definition References の参照先に Mochizuki.VRChat.Interop を追加してください。
Assembly Definition Files についての詳細は、Unity 公式ドキュメントを参照してください。

Type Validator を有効にする

プロトコルページにて説明している Type Validator を有効にするには、以下のコードをエディター拡張にて実装する必要があります。
エディター拡張も上記と同じく AsmDef を作成し、Assembly Definition References の参照先に Mochizuki.VRChat.Interop.Editor先ほど作成した自身のパッケージを追加してください。
参照を追加後、以下のコードを記述することで、 Type Validator が有効になります。
なお、 YourUdonSharpBehaviourClass については、自身の UdonSharpBehaviour を実装したクラスに置き換えて下さい。

using System;

using Mochizuki.VRChat.Interop;

namespace Mochizuki.VRChat.Examples
{
    [InitializeOnLoad]
    public static class AssemblyReferenceInstaller
    {
        static AssemblyReferenceInstaller()
        {
            InteropEditorPatcher.RegisterReference(typeof(YourUdonSharpBehaviourClass));
        }
    }
}

Last update: May 9, 2021 22:42:29